WISのネットワークビジネスは他のMLMとは違う理由を解説します

ネットワークビジネス

WISのネットワークビジネスについて知りたい方にメッセージを送りたいと思います。

それは他のネットワークビジネスとは違います

何が違うのか説明したいと思います。

 

ネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネスはMLM(マルチレベルマーケティング)とも呼ばれ、日本語では連鎖販売取引とも呼ばれます。

ここで勘違いして欲しくないのが、MLMは違法ではないという事です。

 

勘違いしやすいネットワークビジネス

ネットワークビジネスは法的には「連鎖販売取引」と呼ばれ、「特定商取引に関する法律」で厳しく規制されている販売方法です。

ここまでで合法ということはわかっているかと思います。

 

合法でも厳しく規制されている販売方法なんて言われるとヤバいなんて思うかと思いますが、同じように東京海上やかんぽ生命が販売している保険も同じように「特定商取引に関する法律」で厳しく規制されている販売方法です。

 

要は保険と同じ分類という事です。

これが大前提ですが、WISの共済は他のネットワークビジネスとは何が違うのでしょうか?

 

WISの共済はここが違う

簡単に説明すると固定費に含まれているかどうかです。

例えば、ネットワークビジネスで有名なアムウェイは万人からすれば、余計な出費です。

 

僕なんかからしたら、鍋なんて一個あれば十分なので、毎回購入なんて無意味です。

中には物好きな人で鍋はいっぱいないとダメという人がいたらすいません。

僕からしたらアムウェイは余計な出費です。

 

しかし、WISの共済は違います。

 

保険に入っていたら共済に変えれば?

WISの商品は共済です。

共済は?と思う人は、保険をイメージしてください。

 

有名なのは県民共済などです。

僕は以前、県民共済に入っていました。

 

家族を持っている人なら保険に加入している人も多いかと思います。

その保険がWISの共済に置き換わっただけです。

 

つまり、余計な出費をしているわけではなく、今まであった固定費が置き換わっただけです。

しかもその固定費が削減できるのが強みです。

 

実際いくら削減できるの?

まずはこの表をみてください。

これが保険料の表ですが、30歳で月額1750円の共済です。

めっちゃ安くないですか?

 

それでもって補償内容が悪いわけでもない。

むしろ通院共済金という項目については、驚きの1100日まで対応という素晴らしい保証です。

ちなみに他の保険会社の保証とは別物です。

 

僕は県民共済で年間32,400円支払っていたのですが、WIS共済では21,000円になったので、11,400円削減しました。

ぶっちゃけ、他の積み立て型保険だったらもっと高いです。

 

まとめ

WISのネットワークビジネスの共済は、余計な出費ではなく、今までかかっている固定費が共済に置き換わっているだけ(保険に加入していた人にとって)。

ネットワークビジネスではなくても、普通に共済として安い

 

これを聞いただけでも、センスがある人ならどれだけ凄いかがわかると思う。

まぁ、怪しさもあるので、このサイトで勉強して、納得した上で考えればいいと思います。

コメント