WISのなごみ共済の優位性を考察してみた

WISのメリット

WISの共済は本当に優秀です。

他のネットワークビジネスにはない優位性が存在します。

 

これを聞いたら、他のネットワークビジネスがクソに思えます。

 

WISの優位性を説明します

WISのなごみ共済が本当に優秀な理由はたくさんありますが、1番重要なのは商品が保険(共済)ということです。

※わからやすいように共済を保険と表記しています。

 

ネットワークビジネスでは保険と相性が良すぎる

ネットワークビジネスでは、商品と相性というものが存在します。

それが保険と相性が良すぎるんです。

 

まずは保険というものですが、家庭の固定費の中にあります。

いわゆる家計費に保険が入っていますよね。

これが、WISの共済に置き換わっただけです。

 

サプリメントなどのいわゆる贅沢品のネットワークビジネスでは、家計が圧迫されたら、まず最初に削減するなら贅沢品からです。

このように贅沢品のネットワークビジネスは辞める人が多いです。

 

保険(共済)の内容が良い

これも長続きする秘訣です。

保険の内容がめちゃくちゃ良いんです。

 

保険は掛け捨てが良いと言うことは、業界では周知の事実です。

もし、知らない方はググってみてください。

 

それでWISの共済の内容は日生やかんぽ生命の保険の内容よりも良いんです。

しかも保険料は半額以下です。

 

特に保険で重要なのは保険金がいつからおりるかです。

 

例えば入院したのなら、何日目から保険金が出るのか?何日目まで保険金が出るのか?

ここが重要なポイントですが、これがWISならどこよりも条件が良いのです。

 

保険は継続して加入するもの

例えばアムウェイなどの商品は消費するか壊れるまで使い続きます。

サプリメントは全て使い切れればいいですが、定期的に購入するのはちょっと大変です。

 

それが保険はどうでしょう?

イメージできますか?

そうです。

 

保険なので、在庫の心配もないですし、毎月売らなくてはならないということもありません。

つまりストックビジネスなのです。

 

しかも、商品が良いので解約もないので一回入ると解約の心配もないのです。

 

メーカー直販なのも良い理由

WISはいわゆるメーカーです。

保険を売っているメーカーです。

 

僕は以前、ネットワークビジネスに適する商材としての条件は、家計費で毎月支払うものと伝えました。

該当するのは携帯料金や電気などですが、これってdocomo、ソフトバンクのような通信会社、東京電力や関西電力のような電力会社がネットワークビジネスをやらない限り、条件に当てはまらないのです。

 

格安SIM業者などもありますが、あれってdocomoなどの回線を借りてますよね。

つまり、docomoが格安SIM業者を切ったら、そこで終了です。

 

docomoが値段をあげたら、解約する人も多いかと思います。

これは自社がメーカーではないからです。

 

つまり、ネットワークビジネスに適するのはメーカーという事になります。

これは保険以外にありえないのです。

 

まとめ

WISの共済には死角がない。

ネットワークビジネスと保険の相性は最高。

まだまだWISを知りたいという人は、このサイトで勉強してみてください。

コメント